InformationWeblogIs a variety of information from my store

当店の最新情報/お知らせ

本州では、まだ気温30℃超えの日が続いてますが、こちら北海道では立秋も過ぎ秋の気配が少し感じられる今日この頃です。
北の暮らしの必需品「じゅうたん・カーペット」の季節の到来です。
「新規買い」「買い替え」をお考えのお客様が沢山いらっしゃるかと思いますが、私共には常識でも、消費者のほとんどの方々がわからない「じゅうたん・カーペットのサイズ」を提示します。
ご参考にしていただけましたら幸いです。

規格サイズカーペット

ウィルトン織りじゅうたんサイズ
柄物と言われるウィルトン織りじゅうたんには規格はありませんが、代表的なサイズをご提示します。

・140×200cm(他133×195cm等もあり)
・160×230cm(他170×230cm、170×240cm等もあり)
・200×200cm
・200×250cm
・200×290cm(他190×280cm、200×300cm等もあり)
・240×240cm
・240×330cm(他240×340cm等もあり)
・300×300cm
・340×340cm(他350×350cm等もあり)

ウィルトンサイズと規格サイズカーペットには同じサイズはありません
ウィルトンサイズの160×230cmは約3帖(江戸間176×261cmに近い)
240×240cmは約4,5帖(江戸間261×261cmに近い)
240×330cmは約6帖(江戸間261×352cmに近い)と呼ばれます。

そこで注意!

床暖房の上に、床暖房を隠すためにウィルトン織りじゅうたんを敷くお客様、ご注意ください。

まず、手元の資料よりパネル床暖の最右を提示します。(メーカーによりサイズは違うかと思います、まずご自宅の床暖パネルを測ってみてください)

床暖房サイズ(パネル床暖)
・2帖(パネル2枚) 170×170cm
・3帖(パネル3枚) 170×255cm
・4,5帖(パネル4,5枚) 255×255cm
・6帖(パネル6枚) 255×340cm 等

ウィルトン織りじゅうたん 200×290cmタイプは3帖の床暖用として人気のサイズです。
大いに問題なのは、床暖4,5帖(255×255cm)と床暖6帖(255×340)とウィルトン織りじゅうたんの組み合わせです。
上述しました通り、ウィルトンの約4,5帖は240×240cm、ウィルトン約6帖は240×330cmです。
じゅうたんより床暖が大きいのです。
床暖が隠せません
どうぞご来店前にご自宅の床暖サイズの計測をお願いいたします。


« »
















過去の記事
  • 2024年5月 (1)
  • 2024年4月 (1)
  • 2024年3月 (1)
  • 2024年2月 (1)
  • 2024年1月 (3)
  • 2023年10月 (1)
  • 2023年9月 (1)
  • 2023年8月 (1)
  • 2023年5月 (182)
  • 2023年4月 (1)
  • 2023年3月 (1)
  • 2023年2月 (1)
  • 2022年12月 (1)
  • 2022年11月 (1)
  • 2022年10月 (1)
  • 2022年9月 (1)
  • 2022年8月 (1)
  • 2022年7月 (1)
  • 2022年6月 (1)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (1)
  • 2022年3月 (1)
  • 2022年2月 (2)
  • 2022年1月 (1)
  • 2021年12月 (1)
  • 2021年11月 (1)
  • 2021年10月 (1)
  • 2021年9月 (1)
  • 2021年8月 (1)
  • 2021年7月 (2)
  • 2021年6月 (2)
  • 2021年5月 (1)
  • 2021年3月 (1)
  • 2021年2月 (3)
  • 2021年1月 (1)
  • 2020年10月 (1)
  • 2020年9月 (1)
  • 2020年7月 (1)
  • 2020年5月 (3)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (5)
  • 2019年6月 (1)
  • 2019年4月 (1)
  • 2019年3月 (1)
  • 2019年2月 (1)
  • 2019年1月 (2)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年9月 (2)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (1)
  • 2018年6月 (1)
  • 2018年5月 (2)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (2)
  • 2018年1月 (6)
  • 2017年12月 (2)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (7)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (1)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年7月 (1)
  • 2016年6月 (2)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (3)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年1月 (2)
  • 2015年12月 (2)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年9月 (3)
  • 2015年8月 (2)
  • 2015年7月 (1)
  • 2015年6月 (1)
  • 2015年5月 (1)
  • 2015年4月 (2)
  • 2015年3月 (3)
  • 2015年1月 (2)
  • 2014年12月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年9月 (7)
  • 2014年8月 (2)
  • 2014年7月 (1)
  • 2014年6月 (3)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年1月 (8)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (4)
  • 2013年7月 (4)
  • 202年1月 (1)