InformationWeblogIs a variety of information from my store

当店の最新情報/お知らせ

  • twitter
  • facebook

記事一覧

4月26日(金)から5月6日(月)まで、平成歳末・令和初売 特得家具市!

理由あり日本製1人掛けソファを、理由ありシングルベッドを1台限定アウトレットプライスでご提供。
期間中は、フリーペーパー「みてネッと」に掲載の弊社広告の「1000円クーポン券」(弊社指定のセール品・1人掛けソファをご購入の際、ご利用いただけます)をお使いいただけます。
ゴールデンウィークのお得な家具のお買い物は丸三家具商行へ!
ご来店お待ち申し上げます。

懐かしい、ダイニングチェア修理依頼①

ファイル 163-1.jpg

懐かしい!ダイニチ(「大日」確か飛騨の家具メーカーだったと思います)の修理依頼をいただきました。
大手メーカーではありませんが、品質の良い信頼できる中堅メーカーです。

ファイル 163-2.jpg

座面の張替えご依頼ですが、長期の御使用により木部パーツに接着箇所のはずれがおこっています(紙テープの箇所です)。

ファイル 163-3.jpg

ファイル 163-4.jpg

ファイル 163-5.jpg

工業用接着剤を挿入し固定します

懐かしい、ダイニングチェア修理依頼②

ファイル 162-1.jpg

ファイル 162-2.jpg

布を剥がしましたら、予想通りウレタンがボロボロになっています。これは使い物になりません。
座板の合板も使用できないものがありましたので・・

ファイル 162-3.jpg

座板の制作をする旨お客様にご連絡し了解をいただき。 

ファイル 162-4.jpg

弊社在庫の同じ10mm厚のひとまわり大きな座板に線を引き・・
       

ファイル 162-5.jpg

ノコギリで切ります。

  

懐かしい、ダイニングチェア修理依頼③

ファイル 161-1.jpg

カット面は、ヤスリ・サンドペーパーで綺麗に仕上げていきます。ルンルンな作業ではありませんが、家具をお預かりした以上はお客様のご期待にお応えしなければいけません。
量販店のショップのあんちゃんではなく、家具専門店のいい年こいたオヤッサンなのですから。

ファイル 161-2.jpg

座板はこれからの使用に耐えられないものが2枚ありましたので 新規に2枚制作しました。

ファイル 161-3.jpg

座板にチップウレタンを貼り付け・・

ファイル 161-4.jpg

その上にウレタンフォームを貼り付けて、さらにその上からもう1枚ウレタンフォームではりぐるみ・・

ファイル 161-5.jpg

形を整えます。
      

懐かしい、ダイニングチェア修理依頼④

ファイル 160-1.jpg

ソフトレザーを新規に張りました。

ファイル 160-2.jpg

座板には2箇所丸い穴があり、前脚の上部の突起がはまる構造になっています。
裏張り布は通常の黒い無地布と、穴部分には延びるニット地とで張り分けました。

ファイル 160-3.jpg
 

オーク系のブラウン色にアイボリー色のソフトレザーがよくマッチします。

此度は修理ご依頼誠にありがとうございました。
過去何度も販売しました「大日」のチェアですが、久々に手にとってみますと造りの良いのを再認識しました。
材料が良い→硬い材料→折れない→修理可能となります。
弊社が皆様にお伝えしたい「永く使えるよい家具」とは こんなことなのかもしれません。
これからも 末永くお使い下さいませ。

※ちなみに「大日」は廃業 現在営業はしておりません。

震災お見舞い「北海道胆振東部地震」

9月6日 午前3時8分、北海道胆振の厚真町を震源地とする「最大震度7」の地震が発生した。
激震により山の崩落があり、厚真町では警察や自衛隊による、安否不明者の捜索が続けられています。
この地震により被災された皆様並びに、そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

ファイル 156-1.jpg

9月6日 4:46 弊社店舗より撮影

各方面より温かいお見舞いをいただき、誠にありがとうございました。

ファイル 156-2.jpg

ファイル 156-3.jpg

ファイル 156-4.jpg

店内被害はディスプレー用の小物・ミラー・グラスが倒れたくらいです。
食器棚やタンス・書棚などの大型家具は1台も倒れていません。
すべて何も入っていない空の状態です。
家具屋にあります数十台、百台の家具で震度5弱で倒れたのは「0」です。
床の構造、地盤の強弱等いろいろな条件により、今回の地震で家具被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。
しかし、メディアがよく取りあげる「地震」=「家具」=「危険」の構図には、私は家具屋として異を唱えずにはいられません。

ダンススクール様 スツール修理

ファイル 153-1.jpg

室蘭市内のダンススクール様のスツール修理依頼です。

ファイル 153-2.jpg

永年ご使用いただき、布の汚れと座面のへたりが目立ちます。
作業期間は約15日~20日のお約束でスツールをお預かりします。

ファイル 153-3.jpg

出来上がりです

ファイル 153-4.jpg

布地の張り替えと詰め物調整のラバーベルト張り直し等が作業内容となります。
マチ(2段のところ)は、お客様のご了承をいただき、フラットの仕上げにいたしました。

ファイル 153-5.jpg

いつも何かとお世話になり誠にありがとうございます。
レッスンスタジオにとてもマッチするファブリックカラーを選んでいただきました。
骨組みがしっかりしているスツールです。
これからも末永くご使用くださいませ。
大変ありがとうございました。

かわいいスツールの修理①

ファイル 147-1.jpg

脚が外れてしまい、ネジ込みができない。
というスツールの修理依頼です。
ファンシーショップのスツールでしょうか!
家具業界では見ないデザインです。

ファイル 147-2.jpg

ファイル 147-3.jpg

裏張りをはがしましたら、座板が繊維版です。
この材料では、ネジ受けが抜けてきてしまいます。

ファイル 147-4.jpg

家具業界の造りではなく、構造がわからないため、すべて分解してみます。

ファイル 147-5.jpg

ハッハー。
中はこんな感じです。
脚を取り付ける板は使用不可。
それと柱が4本は少ない=重さが加わると板が反る、というのが判明です。

かわいいスツールの修理②

ファイル 148-1.jpg

ファイル 148-2.jpg

ファイル 148-3.jpg

ファイル 148-4.jpg

コンパネで座板を造ります。
機械加工ができませんので、手作業で丸い板を製作します。

ファイル 148-5.jpg

柱も4本追加します。
固定方法はネジ止めと接着剤です。

かわいいスツールの修理③

ファイル 149-1.jpg

ファイル 149-2.jpg

ボルト固定用受けも外れてこないように、裏側に新規に取り付けます。

ファイル 149-3.jpg

これで大丈夫!(と思います。)

ファイル 149-4.jpg

一度はがしたカバーを元に戻して、抜いた大きな鋲を打ち直して出来上がりです。

修理依頼、誠にありがとうございました。
家具屋の造りの椅子ではないため、いつも以上に、慎重に、試行錯誤し作業いたしました。

スツールを拝見しました時、お断りしようと思いましたが、「これ気に入ってるの、脚がグラグラするの直らないかしら」とお言葉をいただきましてお引き受けしました。
これは修理できないかな、と思う事例がよくあります。
しかし、「お気に入りで何とか・・・」とか「この椅子古いんだけど座りが良くて手放せなくて・・・」とか「贈り物でいただいた記念の品で・・・」とか「お客さんに安く飲ませてあげたくて・・・」とか声をかけていただくと、「私が修理した家具でお客様がハッピーになっていただけるなら、これは家具業務に携わる人間としての自分に神様が与えた試練なのかもしれない」と考えいつも以上に、ケツの穴を、もとい、気を引き締めて、お受けさせていただく今日この頃です。

ページ移動